Company profile

会社概要

会社概要
理念

理念

1.会社設立の趣旨

医療技術の進歩で平均寿命は大きく伸びてきました。
しかし、がん、慢性疾患、認知症を始め様々な病がまだ十分に解決されていない中で日本は世界で最も早く超高齢化社会を迎えており、今後、介護、年金、高騰する医療費など多くの課題の解決が求められています。

一方で、ゲノム解析や分子生物学などの進化は著しく、従来の医療情報に加えてこれらの新しい医療情報を有機的に結合することにより個人に最適化した医療や、より精度の高い予見に基づく予防医療などの新しい医療の可能性も広がってきています。

これら社会が直面する課題を解決し、より健康で元気な社会の実現に向けて活動を行います。

2.会社設立の目的

  1. 世界の知識が集まり新しい医療・健康の叡知を創出する場とすること。
  2. この医療・健康技術の進歩に対して、インフラ面、技術面で活発な活動をおこなうこと。
  3. 諸医療機関、大学・研究機関などと連携し、応用価値の高い価値あるものを迅速に社会に実装を行うこと。
  4. ゲノム情報を活用した個別化、予防などの新しい医療システムの開発及びその支援を行うこと。
  5. ゲノムをはじめとする新しい医療知識の啓発活動の推進を行うこと。

3.社名の由来

医療の新しい流れを表現する言い方にP4と言うのがあります。
これは、Predictive(予見)、Preventive(予防)、Personalized(個人化)そしてParticipatory(参加する) の4つです。
病気を発症してから治療するというだけではなく、ゲノムなどの新しい医療知識に基づいて、リスクを予見し、早めに予防策を打ち、個人に最適な形で治療していく。
しかもこうした新しい医療の流れに個人が積極的に参加して一緒に解決策を作っていく。
そこにもう一つのPを加えました。
このPはParadigm shiftのPで、医療・ヘルスケアの世界に新しいパラダイムを起こしていきたいという強い思いをこめてあります。

4.経営方針

  1. 人命・人権を尊重し社会倫理、法律を順守した活動を行う。
  2. 医療技術、生命科学、IT技術などの広範な技術を有機的に結び付けて新しい知識の創造を喜びとする。
  3. 内部に閉じず、外部機関・企業と信頼を構築し、健康社会実現のためにともに努力する。
  4. 社員は共通の社会的使命を自覚し、個性を磨きその能力を最大限発揮する。