Information

お知らせ

個人のゲノム情報に基づいた疾病予防プログラム「your genome(ユアゲノム)」の提供を開始
~ゲノム情報に基づいた先進的な予防医療の実現を推進~

P5株式会社

公開日:2017.3.29

P5株式会社(以下、P5)は、個人のゲノム情報に基づいた疾病予防プログラムであるyour genome(以下、ユアゲノム)を、日本の医療機関に向けて2017年3月より提供開始します。

P5は、東京医科歯科大学との共同研究(「健康管理ゲノム情報の提供事業の運用検証」2015年10月~2016年7月)を実施し、ユアゲノムを開発しました。

ユアゲノムでは、個人のゲノム情報の解析および血液生化学検査を行い、その結果説明を医師が個別に実施し適切な対処法を決めていきます。
さらに専門の栄養指導や経過に応じたフォローアップも行います。
このようにユアゲノムは、医療機関を通じて、検査からフォローアップまで一気通貫に実施するプログラムです。
受診者の疾病予防に貢献するとともに、健康意識の向上も促すことが期待されます。

ユアゲノムの主な特長

ユアゲノムが提供する情報はすべて科学的根拠に基づいたものです。

1.ゲノム検査+血液生化学検査

がん、アルツハイマー、心疾患、糖尿病などの「疾患」や「体質」、「薬剤応答性」などの厳選した約50項目のゲノム検査を行います。(以下「ゲノム検査項目について」を参照)

また、血液生化学検査も行い現在の健康状態も検査します。遺伝的リスクと、現在のリスク(血液生化学検査結果)を総合的に勘案します。

2.結果報告書

科学的根拠に基づく約120ページから構成される結果報告書を発行し、受診者お1人ずつにお渡しします。(以下「結果報告書」を参照)

3.医師と1対1の結果説明

結果報告書に基づき、医師が対面説明を行い、対処法について受診者と対話を通じて決めていきます。
また気になる疾患については栄養指導も実施します。
その後の対処法の効果についてフォローアップも実施します。

参考情報

「ゲノム検査項目について」

ユアゲノムのゲノム検査項目は、現代医学で早期発見や病気の予防につながる項目を厳選しました。
人種は、日本人を含む東アジア人として科学的根拠が高いものを抽出しています。
※単一遺伝性疾患や家族性腫瘍は実施しません。

ゲノム検査項目一覧
疾患 1. 喉頭がん、2. 上咽頭がん、3. 肺がん(肺がん、肺腺がん、非小細胞肺がん、肺扁平上皮がん)、4. 食道がん(食道扁平上皮がん)と飲酒・喫煙との関係、5. 胃がん(胃がん、噴門部胃がん)、6. 大腸がん、7. 膀胱がん、8. 肥満 (BMI 27.5以上)、9. 糖尿病(2型)、10. 高血圧、11. 心房細動、12. 冠動脈疾患、13. 心筋梗塞、14. アルツハイマー病(アポE4)、15. パーキンソン病、16. 脳動脈瘤、17. クローン病、18. 潰瘍性大腸炎、19. 十二指腸潰瘍、20. 非アルコール性脂肪性肝疾患、21. 関節リウマチ、22. バセドウ病、23. 痛風、24. 加齢黄斑変性(滲出型)、25. 前立腺がん(男性のみ)、26. 乳がん(女性のみ)、27. 骨粗しょう症(女性のみ)、28. B型肝細胞がん、29. C型肝細胞がん、30. 慢性B型肝炎、31. 慢性C型肝炎 、32. C型肝硬変
検査値 1. 血圧、2. 心電図、3. BMI、4. BUN(尿素窒素)、5. 血清クレアチニン、6. eGFR、7. 尿酸値、8. ビリルビン値、9. AST、10. ALT(参考)、11. ALP、12. γ-GTP、13. HDLコレステロール、14. LDLコレステロール、15. 中性脂肪、16. 血糖値、17. C反応性タンパク質、18. PSA値、19. 骨密度(参考)、20. 腫瘍バイオマーカー
薬剤応答性 1. ワーファリンの必要内服量、2. カルバマゼピン(抗てんかん薬)の副作用(薬物起因性皮膚症状)、3. アロプリノール(痛風に対する薬剤)の副作用(薬物起因性皮膚症状)

※2017年3月現在の検査項目になります。

「ゲノム解釈アルゴリズム」

ユアゲノムは、個人の遺伝的リスクを計算するコア技術として、「ゲノム解釈アルゴリズム」を採用しています。
「ゲノム解釈アルゴリズム」は、東京医科歯科大学・疾患バイオリソースセンターとソニー株式会社の共同研究により開発されたアルゴリズムです。
疾患リスクに関するゲノム情報を、ゲノムワイド関連解析を含むヒトゲノム解析論文より抽出し、ゲノム解析装置で解析された各個人のゲノム情報に基づいて疾患の発症リスク、体質、薬剤応答性を予測することができます。

「結果報告書」

ユアゲノムの結果報告書は、医師と受診者が対話を通じて対処法を相談できるツールとして開発されています。
ゲノム検査結果、血液生化学検査などの検査の結果だけでなく、結果に基づく対処法の選択肢を提示することで、受診者の予防・健康維持につなげていくことが期待できます。


結果報告書サンプルの一部抜粋

「申し込みから受診まで」

ユアゲノムは約6ヶ月間のプログラムになっており、受診者の方は3回医療機関にお越しいただきます。
※2017年3月現在のフローになります

申し込みから受診までのフロー、1.1回目面談の予約をする、2.1回目面談で事前説明・医師面談・同意書ご提出・ゲノム検体採血身体測定・血液検査を受ける、3.今の生活習慣を3ヶ月間測定する、4.2回目面談で結果レポート冊子をもとに結果説明・対処法相談・医師面談・栄養士面談を受ける、4.生活改善期間として3ヶ月間対処法に基づく生活習慣を測定する、5.3回目面談で効果確認・医師もしくは栄養士による面談・身体測定を受ける。

「実施医療機関」(2017年3月現在)

東京医科歯科大学 医学部附属病院 長寿・健康人生推進センター

サービス紹介会社

ソニー生命保険株式会社
参考URL:http://www.sonylife.co.jp/

お問い合わせ

P5は今後、実施医療機関およびサービス紹介会社を拡大していく予定です。
ユアゲノムにご興味がある医療機関様・企業様は、以下のフォームからP5にお問い合わせください。

your genome