がん患者さんのより適切な治療をサポートする

P5がんゲノムレポート

P5 がんゲノムレポートとは
提携施設
よくいただくご質問
資料ダウンロード
お問い合わせ

よくいただくご質問

Q1
P5社について教えてください
A1
日本において、ゲノム情報を有効活用したサービスの提供を通じて、日本の個別化医療やヘルスケアへ貢献するゲノムサービスプラットフォーム事業を行う会社です。
ソニー株式会社、エムスリー株式会社、株式会社クレディセゾンの三社が出資する合弁会社です。
Q2
遺伝子検査でがんについてどんなことが分かりますか?
A2
がんの多くは遺伝子の変異によって起こることが分かっています。
また、その変異の違いによって、がんの性質や抗がん剤の効き方に違いが出てきます。
遺伝子検査を行うことで、がんの原因と考えられる遺伝子変異を知ることが出来ます。
例えば、細胞を増やすための信号に関係している遺伝子に変異が起きて、信号が無制限に送られるようになることにより、細胞が増え続けることが、がん化の原因となっている場合があります。
このような場合、どこに遺伝子の変異があるかを調べ、異常な分子から送られてくる信号を特異的に阻害する薬を投与することによって、効果的ながんの治療ができる可能性があります。
Q3
遺伝子を調べることががん治療につながるのでしょうか?
A3
近年、「分子標的薬」という薬剤が注目されています。
これは、がんの原因となっている「変異分子」を狙い撃ちし、その働きを抑えることでがん細胞の増殖などを抑えるものです。
一人ひとりのがん細胞における遺伝子変異情報を把握することで、分子標的薬を使った治療などをより的確に行うことができます。
このような医療をプレシジョン・メディシンともいいます。
Q4
「P5がんゲノムレポート」を受ける意義を教えてください。
A4
P5は、がん患者さんのがん組織に検体における複数の遺伝子変異を解析し、解析結果と合わせて、患者さんの治療に役立つ可能性のある国内外の最新の薬剤治験情報などをレポートにまとめ、医師向けに提供します。
医師に本レポートを届けることにより、がん患者さんに有効な治療薬になり得る製品を、一刻も早く患者さんのもとに届ける活動をサポートいたします。
担当医師に返されるレポートは、以下のような情報を含んでいます。
  • 患者さんのがん細胞が持つ遺伝子の変異
  • この変異を持つがんに関連が期待される薬剤
  • この変異を持つがん患者さんが対象になり得る臨床試験
Q5
「P5がんゲノムレポート」の、他の検査・レポートとの違いを教えてください。
A5
弊社レポートの特徴としては、下記5つがあげられます。
  • 包括的な臨床試験情報の充実
    • 「最新治験データベース」(※)検索により、国内の最新治験情報を提供できる。
    • 治験情報について医師にコーディネートしてきたエムスリー社の「治験君」で得られたノウハウを基に、エージェントとして、最新治験へのコーディネートを行います。

    (※)「最新治験データベース」は、P5が外部と提携して開発。国内外の様々な臨床研究の結果や論文に加え、製薬企業などの最新の臨床研究・治験情報などを集積してデータベースを構成。製薬企業名は非公開。

  • レポート返却後の更新情報の継続的提供
    • P5が治験データベース(DB)を更新アップデートする度に、もし過去にレポートを受けた患者さんの変異を対象とする新規の治験案件がDBに加わってきた場合には、検査を申し込んだ医師に対して連絡をするというサービスです。
      追加費用ではなく、基本的なサービス設計として対応していく予定です。
  • 全工程を国内完結しているため、早期にレポートをお届けできます(約4週間)。
    また、国際的検査品質体制(CAP-LAP)により高品質をお約束いたします。
  • 患者さんの経済的負担を考慮した価格設定
    この検査は自由診療となるため、患者さんの経済的負担ができるだけ低く抑えられるよう、企業努力をしています。
  • ご希望の方には、検査実施前・後に臨床遺伝専門医による専門カウンセリング等のサポートを有料で提供いたします。
Q6
「P5がんゲノムレポート」を受けることができる場所を教えてください。
A6
P5がんゲノムレポートは、以下医療機関にて受検可能です。
  • 国立岡山大学病院
  • 沖縄徳洲会 湘南鎌倉総合病院
  • 医療法人社団ミッドタウンクリニック 東京ミッドタウン先端医療研究所
また、神戸市民病院機構 神戸市立医療センター中央市民病院(開始予定)など、2017年度内に国内で30施設までの拡充を予定しています。
Q7
「P5がんゲノムレポート」サービスフローを具体的に教えてください。
A7
まず、P5が病院からレポートの受託を受けたのち、患者さんのがん組織検体(※)をお預かりします。
次に、P5が提携している臨床検査の国際基準に準拠して品質管理された国内の施設にて、最先端のシーケンサー(遺伝子解析装置)を用いて、数十以上のがん関連遺伝子の配列を調べます。
これにより得られた解析結果を基に、がんの発症に関わると想定される遺伝子変異を同定します。
P5は、このように最新の技術を駆使して得られた遺伝子変異情報に加え、効果を示す可能性のある薬剤やその遺伝子変異を持つがんに適した国内外の最新治験情報などを合わせてレポートにまとめ、患者さんが検査を申し込んだ医師にご提供いたします。

(※)本レポートでは、通常ルーチンに行われている病理検査の余剰サンプルを利用するため、本レポートのために侵襲性のある検査を行うことはありません。

Q8
対象となるがんは何ですか?
A8
乳がんや大腸がん、肺がん、肝がん、などを含む固形がん全般を対象としています。
Q9
遺伝子検査のための特別な検査が必要ですか?
A9
がん組織の検体は、通常行われているがん検査や手術のサンプルの残りを利用します。
そのため、別途検体を採取するなどの負担はありません。
Q10
遺伝子解析はどのように行われますか?
A10
国際基準に準拠して管理された施設内で、最先端のシーケンサー(遺伝子解析装置)を用いて行われます。
全工程を日本国内で実施しており、品質保証体制も構築しています。
Q11
全ての遺伝子変異を知ることができるのですか?
A11
すべてではありません。
薬剤は治験の情報があるものを中心に、数十~百数十種類のがん関連遺伝子を選び、その配列を解析します。
その解析結果を正常な遺伝子と比較することで、がんの発症に関わっていると思われる遺伝子変異を特定します。
Q12
信頼できるレポートなのでしょうか。
A12
「P5がんゲノムレポート」は、米国の国立がん研究所を中心に行われている世界最大の規模のがんの臨床研究(NCI-MATCH)の中で利用されている検査をもとに開発されました。
また、レポートは日本臨床腫瘍学会のがん療法専門医もチェックします。
Q13
検査から結果が出るまで、どれくらいかかりますか?
A13
検査にかかる期間は4週間ほどですが、検査の内容によってはそれ以上かかることもあります。
Q14
費用はいくらですか?医療保険は使えますか?
A14
この検査は、保険診療として認められていないため、検査費用をご負担いただくことになります。
具体的な費用については、検査を申し込む医師にお問い合わせください。
また、本検査で、患者さんのがん細胞における遺伝子変異に対して効果が期待される薬剤が見つかったとしても、患者さんのがんに対して承認されていない場合には、治療費は自己負担となります。
お気軽にお問い合わせください