がん治療の最新情報を発信します

がん治療の今

「ゲノム医療」を分かりやすく学ぼう 電子版冊子を慶応大学と朝日新聞社が作成

Twitterでシェア Facebookでシェア
提供元:P5株式会社
NEW公開日:2017.8.1

最近、「ゲノム医療」分野の研究は全世界で非常に早く進んできています。
テレビやニュースでも「遺伝子」や「ゲノム」といった話題が取り上げられることも増えてきました。
こういった研究により、病気の解明や新しい治療に応用されようとしています。
特に、がんゲノム医療の進展は、多くのがん患者さんにさまざまな選択を可能としていくと考えられています。
「ゲノム医療」により身近に接するために、分かりやすい資料も求められてきました。

そこで、一般の方が理解しやすい資料をご紹介します。
本年4月に慶應義塾大学医学部・大学院医学研究科が朝日新聞社の協力で開設された「先端医療情報イノベーション寄付講座」が、ゲノム医療をめぐる研究成果や課題についてまとめた電子版冊子「開いてみよう! ゲノム医療の世界」を作成しました。

「がんは遺伝子の病気?」「遺伝子検査サービス」など、ゲノム医療に関連したニュースとして取り上げられることの多い話題について記載されています。

国内ではまだ限られた分野において利用される状況で、実際に使われる機会は少ないと言えますが、近い将来、すべての患者さんにも日常的に接する状況になることが望まれています。
今後、皆が当たり前に知っておくべき分野になるかもしれません。

朝日新聞デジタル内のこちらのページから、自由にダウンロードしていただけます。

「開いてみよう! ゲノム医療の世界」の構成

  • はじめに
  • 01 未診断疾患プロジェクト
    ・コラム ゲノム、DNA、遺伝子
  • 02 生殖細胞と体細胞って何が違う? がんは遺伝子の病気?
    ・コラム 単一遺伝子病
  • 03 遺伝子検査サービス
  • 04 遺伝子によって保険が変わってくる?
  • 05 着床前診断と着床前スクリーニング
    ・コラム ゲノム解読と「赤ちゃんの権利」
    ・コラム 遺伝カウンセラー
  • 06 3人の親をもつこども
  • 07 ゲノム編集
  • あとがき:皆違う、皆かけがえのない存在